Monthly Archives: 1月 2011

新年の水汲みは大雪で大変でした。

月に1度は、湧き水を汲みに米原の方へ行きますが、今年は、大雪で天気予報では、なかなか晴れの日が無い為に行けなくて、やっとつい先日、水汲みに行きました。名古屋を出発した頃は天気もよく、何とか大丈夫だろうと思い、いつものように一般道をあま市、愛西市方向へ走り、東海大橋を渡り、養老にさしかかった頃には、山の天気も雪雲に変わり、養老山脈は、ところどころ雪山になっていました。
関ヶ原に入った頃には、田んぼと畑は一面が雪で真っ白で、道路脇には、除雪された雪が、1メートル以上積み上げられていました。やっと水汲み場所附近に到着しましたが、道路が雪で通れない為に民家の方を抜けて、途中、車を止めて、目的地迄は、空のポリ菅を持って歩いていきましたが、行きはよいよい、帰りは大変な思いをして新年第一回目の水汲みを終えました。

追  伸
私の同業者で、北陸で商売をやっている協会関係者の知人が沢山いますが、今年の雪は、日本海側と北日本に集中して降っているので、例年の雪よりは大雪で、仕事に措いては大変だなと思います。

探偵と調査に関するご相談はセイワリサーチ
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵.調査へ

01月も半月が過ぎました。

2011年01月も半月が過ぎました。今年は、ラニーニャ現象の影響で、北半球は大雪に見舞われ、南半球は、豪雨と洪水に見舞われています。私が住んでいます、名古屋も今年は、例年よりも寒い日が続いています。北陸や北日本の日本海側のような大雪は降っていませんが、これから2月に掛けて、まだまだ寒い日が続きそうです。風邪などを引かない様に健康管理には気をつけましょう。今年は、災難除けと無病息災・商売繁盛を祈願しに色々な神社めぐりをして来ました。年明け早々、家の近くの氏神様にお参りに行き、厄除け神社や、3天神社参りと続き、16日の日曜日は、毎年恒例の豊川稲荷に行く予定でしたが、あいにく、名古屋は朝から、何年ぶりかの大雪で、一気に雪が積もり、お参りに行くのを断念しました。
改めて、日和のいい日に行こうと思っております。

 

探偵と調査に関するご相談はセイワリサーチ

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

探偵(たんてい)の意味と歴史(名古屋探偵ブログ)

隠された事実を調べること、またそれをする人。職業としてそれを行い、警察関係でない者をいうことが多い。探偵の始まりは、イギリスの小説家でもあり治安判事でもあったヘンリー・フィールディングが1748年にロンドンのボウストリートにつくったものだといわれるが、これは国家組織を土台にしたものであるから、現在いう探偵とは趣(おもむき)を異にしている。民間の捜査機関としての探偵の最初は、1833年にフランスのフランソア・ビドックFranois Vidocq(1775―1857)が創設した探偵局である。彼はしたたかな犯罪人でもあったが、実はその知識と顔で社会の暗黒面の捜査にたけていただけであり、探偵を誇りある一つの職業にした真の探偵の創始者は、アメリカのアラン・ピンカートンAllan Pinkerton(1819―1894)である。アメリカの秘密諜報(ちょうほう)機関の長官だった彼は、1850年に私立探偵局をつくり、その手堅く、敏速で、大衆的な仕事ぶりにより、たちまちのうちに名声を得た。その事務所のマークに、眉(まゆ)つきの人間の目の部分を使ったことから、以後それは私立探偵の象徴となり、アメリカでは私立探偵のことをthe private eyeとよぶことも多い。日本では江戸時代同心(どうしん)、岡引(おかっぴ)きが探偵方といわれたことから、明治になっても巡査、刑事が探偵とよばれていたが、明治20年代に私立探偵が現れるに及んで、しだいに警察関係は探偵とよばれなくなった。日本での私立探偵は、1895年(明治28)岩井三郎が東京・京橋に事務所を開いたのが始まりといわれる。しかし国情の違いもあって、アメリカの探偵のようなピストル携行権もなく、またホテル探偵やビル探偵のように限られた区域内での捜査権といったものもないので、その活動範囲は狭い。財政調査、信用調査、素行調査などの、興信所所員を探偵といっていることが多く、探偵小説のなかの探偵のような活動はほとんどみられない。なお明治以来、スパイのことを軍事探偵ともいっていたが、現在はあまり使われない。

日本大百科全書参照

 

探偵と調査に関するご相談はセイワリサーチ

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

新年の挨拶

新年、明けましておめでとうございます。だんだんと、歳を取るたびに、1年が経つのが早く感じますが、皆さんはどうですか?今年は、ウサギ年です。ウサギのようにぴょんぴょんと跳ねて、いい年にしたいものですね。弊社も創業してから、今年で21年目になります。10年前、20年前とは、世の中の情勢が随分変わりましたね。
20年前は、まだ、ポケットベルが主流で、筆箱サイズの携帯電話が出て、間もない頃でした。私も1台、NTTに20万円の保証金を払い使ったものです。当時は、アナログが主流でしたが、今では、携帯電話・テレビ・カメラ・ビデオ・パソコンなどの仕事に関係する物は、ほとんどがデジタルです。誰がこれだけ便利な世の中になると思ったでしょうか?私達の仕事に措いては、いい道具を沢山持っていても使いこなさなければ、ただの置物・荷物にしかすぎません。時代が便利になればなるほど高度な要求をされます。その為にも、私が思う仕事に措いての一番は、知識と技術の向上だと思います。今年もしっかりと前を向き、初心を忘れず頑張りたいと思います。

追 伸
今年は、昨年の反省から、少しマメにブロウを書こうと思います。応援宜しくお願い致します。

 

探偵と調査に関するご相談はセイワリサーチ

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ