Monthly Archives: 7月 2014

探偵 名古屋「盗聴発見・盗撮発見」

◆盗聴器販売数が増え続けている現状…
40万個…これは過去10年に全国で市販された盗聴・盗撮機器の販売
台数です。 警視庁によると東京都内の盗撮・盗聴による事件の検挙率は197件。
以後200件前後で推移しているそうです。これでも販売台数に比べて検挙率が
非常に少ないですよね。つまり、盗聴器として稼働している数は年々増え続けて
いるということを意味しています。名古屋(愛知県・岐阜県・三重県)も例外では
ありません。

◆盗聴を発見しても罪は問えない?!
残念ながら盗聴のみを取り締まる法律は現時点ではありません。ここ名古屋
(愛知県・岐阜県・三重県)でも簡単に手に入ります。
盗聴器を売ったり、それを買ったり、盗聴電波の傍受だけでは罪に問うことは
できません。盗聴で情報を得た加害者側が「盗聴した内容」を下に、具体的に
それを悪用した場合。例えば恐喝・脅迫した・ストーカー行為をした・そこで知り
得た情報を漏えいした場合…「盗聴器を仕掛ける」目的で住居不法侵入した場合…
であれば罪を問うことができます。

◆どういう「目的」で設置するのか…どういう事例で盗聴発見されることが多いのか?
ここ名古屋(愛知県・岐阜県・三重県)でも同じような傾向があるのですが…
盗聴する目的で多いのはストーカーによる嫌がらせ、恋愛・結婚・離婚のトラブル
遺産相続等の金銭問題、恐喝目的、空き巣狙い、企業情報や内部調査、マニア・
趣味などストーカー行為の場合、当事者が「自分が盗聴・盗撮していること」を相手に
積極的にほのめかす場合があります。こういう場合は予測が容易です。しかし、これが
「ひたすら聞き耳を立てるタイプ」の場合、疑うことすらできない場合がほとんどなのです。また1つ発見したとしても安心できません。むしろそれが「捨て駒」であったり、周波数も個々で異なるため、素人で見つけ出すのは困難なのです。

◆どんな「場所」に設置されていることが多いのか?…盗聴発見される場所家電製品
の内部・電源の部分・照明器具・電話回線・電話機・ドアポスト・事務所等のデスク周辺など…プレゼントをあげて相手の気持ちを許させつつ…油断させつつ…そのプレゼントの中に混入させていたという事例もよくあります。

◆どんな施設に設置されていることが多いのか?どんな施設で盗聴発見されるのか?
名古屋(愛知県・岐阜県・三重県)においても意外と身近な場所に設置されていることが
多いです。 浴室・寝室・リビング・デパート・カラオケ店・駅等のトイレ・ビジネス・ラブホテル、銭湯や温泉の脱衣場・浴場・プール、スポーツクラブの更衣室・ロッカー、試着室・ATMなどこれは盗聴というより盗撮である場合が多いかもしれません。いかがですか?
こうして見ると、意外に他人事ではない気がしませんか?

◆心当たりのある方…お悩みの方は…お気軽にご相談を!
名古屋(愛知県・岐阜県・三重県)を中心に愛知県(名古屋)・三重県・岐阜県・静岡県…
もちろんこの圏外であっても探偵・調査はセイワリサーチにお任せください。

探偵と調査に関するご相談はセイワリサーチ